海外FXでチェックしておくべき信託保全・分別保管とは?

「海外FXは国内FXに比べると不安がある」「国内FXと比べると海外FXはどうしても信頼性が……」という方は多いでしょう。

特に、日本人は「日本国内のものである」ということにこだわりを持っていますし、日本国内のものだからこそ安心できるという部分もあるかと思います。

ただ、海外FXでもきちんと吟味していけば国内FXと同じくらいに安心して利用できるところは思っている以上に多いものです。

そこでポイントとなってくるのが資産の管理方法です。

ここでは、海外FXでチェックしておくべき信託保全・分別保管について触れていきたいと思います。

 

今すぐ口座開設ボーナス2万円をもらう。ゲムフォレックス口座開設へ

信託保全・分別保管はまったくの別物

まず大前提となってくるのが信託保全・分別保管はまったくの別物であるという部分です。

信託保全・分別保管を同じ意味合いで捉えている方も少なくないのですが、信託保全と分別保管では何かあったときの対応がまったく違ってきます。

信託保全・分別保管の違いについてよく理解しておきましょう。

 

信託保全とは?

海外FXが信託保全をおこなっているという場合、その海外FXが信託銀行や信託会社へ依頼をして、トレーダーから預かっているお金を管理してもらっているという意味になります。

仮にその海外FXが破綻してしまったとしても、トレーダーから預かっているお金というのは受託者である信託銀行や信託会社が弁護士を通じて入金した金額を上限に預かっている資産を返還するという形になります。

信託銀行や信託会社という第三者が介入することによっていざというときも安心ですし、いわゆる横領のようなものもできなくなります。

 

分別保管とは?

では、分別保管というのはどのようなものなのでしょうか?

海外FXが分別保管をしているという場合、事業資金とトレーダーから預かっているお金を別々の口座で管理しているという意味になります。

ただ、これはあくまでも口座が別々になっているというだけの話なので、万が一その海外FXが破綻してしまった場合にはどちらの口座も債権として差し押さえされることになるでしょう。

というのも、別々の口座にあってもその名義人は同じだからです。

第三者の監査がないのであれば、横領も可能です。

ただし、分別保管であっても金融ライセンスなどを取得して、その信頼性を高めている海外FXも少なくありません。

 

一部信託保全という形も

信託保全・分別保管それぞれがどう違うのかをご説明しましたが、海外FXの中には一部信託保全という形を取っているところもあります。

文字通り全額を信託保全するのではなく、一部の金額のみを信託保全するという意味合いになります。

海外FXが「信託保全をしています!」と謳っていても、それが全額の信託保全なのか、一部の信託保全なのかによって安心度というのはまったく違ってきます。

この点も注意しておきましょう。

 

海外FXでは信託保全・分別保管はどうなっている?

海外FXと一口に言ってもいろいろな選択肢があるわけなのですが、主要な海外FXでは信託保全・分別保管はどうなっているのでしょうか?

ここでは主要な海外FXということでGEMFOREXXMについてピックアップしていきたいと思います。

 

GEMFOREXは分別保管

GEMFOREXの公式サイトから「開設・入金・サポート」→「サポート」→「よくあるご質問」と進んでいくと、そこにトレーダーの資産についての質問があります。

これに対して、GEMFOREXは以下のような回答をしています。

 

GEMFOREXはニュージーランドのFX会社との事ですが、海外FX会社の場合、トレーダーの資産は安全に保全されるのですか?海外FXは初めてとなりますので不安です。
「海外FXが初めての方にとって非常に気になる所ですね。当社は、お客様が安心してトレードライフをお送り頂く為、お客様の運用資金と同額の資金を分別保管し、万が一の備えとして、大切に守る事を約束しております。また、万が一、証拠金残高がマイナスになってしまった場合も追証が発生する事は一切ございませんので海外FX初心者の方にとっても安心してご利用頂けます。」

 

基本的にはGEMFOREXの回答の通りなのですが、GEMFOREXではユーザーの運用資金と同額の資金を分別保管しています。

ちなみに、GEMFOREXでは企業の資産とユーザーの資産を分別管理しているということではなく、あくまでもユーザーの運用資金と同じだけの資金を提携の信託銀行に分別保管しているということのようです。

万が一のことが起こった場合にはユーザーの資金を全額返還できるだけの資金が確保されているということでもあります。

GEMFOREXが明言しているのはあくまでも分別保管ではあるものの、性質的には信託保全に近いものがあります。

 

XMも分別保管

XMの公式サイトから「よくあるご質問」のページにアクセスすると、そこにトレーダーの資産についての質問があります。

ストレートなこの質問に対して、XMは以下のような回答をしています。 

 

私の資金は安全ですか?
 「XMTradingはTradexfin Limitedが運営しており、適用される法および規制に基づき、お客様の資金の安全性および消費者保護を確実にします。従いまして、XMTradingは以下を措置します:

 

お客様の資金の分別管理

お客様のご資金は当社が用意する銀行口座へ移管され、分別管理されます。こちらの資金は当社の貸借対照表に含まれず、当社清算時に債権者への支払いに充当されることはありません。

 

銀行口座

お客様のご資金および当社の運転資金は定評ある優良金融機関に預託しています。

 

規制機関による監督

規制された証券ディーラーライセンス保持者として、弊社には厳格な金融要請に応える義務があります。従って、弊社はお客様の入金、会社の通貨ポジションの変動の可能性、その他の未払い経費を充当する 十分な流動資本を保持するよう法により義務付けられています。毎年の監査により不足が認められる場合には、弊社の内部監査法人により詳細が全て当局へ 報告される運用となります。」

 

一応、XMのカスタマーサポートにも問い合わせをしてみましたが、「XMでは分別保管をおこなっている」という回答でした。

分別保管ではあるものの、トレーダーの資金はXMの貸借対照表に含まれず、XMの清算時に債権者への支払いに充当されることはありませんし、定評ある優良金融機関に預けているということで一定の信頼は保たれているかと思います。

おまけに、規制機関による毎年の監査もあるようですからそのあたりでも信頼性を補強しているという印象です。

 

国内FXでは信託保全・分別保管はどうなっている?

では、最後に国内FXにおける信託保全・分別保管について触れておきたいと思います。

結論から言ってしまうと、国内FXに関してはそのすべてが信託保全の形を取っています。

というのも、2010年2月の内閣府改正によって国内FXには信託保全が義務付けられているのです。

もちろん、信託保全だからこそ何から何まで安心というわけではないのですが、信託保全が義務付けられているという部分では海外FXよりも少し安心できるかもしれません。

 

今すぐ口座開設ボーナス2万円をもらう。ゲムフォレックス口座開設へ