海外FXで出金拒否が発生するのか?
出金拒否:FX業者側の不正により、トレーダーからの出金要請を拒否すること

 

分かりやすく言えば「FX業者側が出金拒否をして、不正な利益を得る」ということですね。

 

出金不可
  • ユーザー側の不正(禁止行為など)
  • ユーザー側の単純なミス(出金条件を満たしていないなど)

 

などを理由に出金できない場合は、一般的に「出金拒否」という表現は使いません。

 

今すぐ口座開設ボーナス2万円をもらう。ゲムフォレックス口座開設へ

国内FXで出金拒否は発生しているか

まずは海外FXではなく、国内FXで出金拒否が起きているかどうかについて解説します。

 

結論から言いますと「国内FXで出金拒否は発生していない」と判断して良さそうです。

 

国内FX業者は金融庁に登録されていますから、出金拒否などしようものなら厳しい処分が下されるかもしれませんからね。

また、今はSNSが盛んな時代ですから、「○○という国内FX業者に出金拒否をされた!」などの噂が広まってしまえば、FX業者としての信頼を大きく失ってしまう事になります。

 

したがって、「国内FX業者が出金拒否をするメリット」がそもそもないと言えます。

 

FX業者ごとのルールをきちんと確認

ただ、先ほどもお伝えしましたが、業者ごとの取引ルールや、出金条件などを確認しておかないと、知らず知らずのうちに規約違反をしてしまう恐れがあります。

また、「単にシステム上出金できないだけなのに、出金拒否をされたと勘違いする」という可能性もあります。

 

国内FXの禁止事項
  • スキャルピング禁止
  • 自動売買プログラムの使用禁止
  • 両建ての完全禁止

 

などのルールを設定しているところが多いので、トレードを始める前に必ず確認しておきましょう。

 

ただ、いずれにせよ国内FXには「最大レバレッジが低い」「ゼロカットシステムがない」などの欠点がありますから、海外FX業者を利用することをおすすめします。

 

XMで出金拒否は発生しているか

続いては海外FX業者についてです。

代表的な海外FXブローカーであり日本人トレーダーにも大人気な「XM」では出金拒否は起きているのでしょうか。

 

もちろん出金拒否は発生していません。

これに関しても「目先のわずかな利益のために出金拒否を起こして信頼性をガタ落ちさせるよりも、健全に運営し続けたほうがXMにとってもメリットがある」と言えますからね。

 

ただし「出金拒否された」と勘違いしやすいパターンがいくつかあるので紹介します。

XMに限らず、他の海外FX業者でもだいたい(あくまでだいたいですが)共通しているので覚えておきましょう。

 

ボーナスは出金不可

ボーナスをそのまま出金することはできません。

 

出金でボーナスが一部消える

出金を行うことで、ルールに沿って一部のボーナスが消えます。

 

「同一口座の両建て」以外の両建ては禁止

複数口座・複数業者・複数人での両建ては禁止。行ってしまうと出金拒否される恐れがあります(最初は警告だけで済む場合が多いようですが)。XMで認められているのは「単独口座での両建て」だけです。

 

海外銀行送金未対応の銀行に注意

→ジャパンネット銀行、みずほ銀行のネット支店、ゆうちょ銀行、新生銀行などは大手銀行ですが、XMの海外銀行送金には対応していません。

 

「出金によって証拠金維持率が150パーセント未満になる場合」は出金できない

出金を行うことで証拠金残高が下がりますよね。これにより証拠金維持率が150パーセントを切る場合は出金することができません。

 

 

普通に海外FX取引をしている限りは、ほとんど考えなくていいことです(証拠金維持率にだけは気を付けるべきですが)。

ですが、一応覚えておかないと「出金拒否された」と早とちりする事になるかもしれませんので気を付けましょう。

 

また、「出金拒否では?」と感じる場合も、まずは慌てず規約を確認したり、運営に問い合わせたりすることを心がけてください。

 

GEMFOREXで出金拒否は起きている

XMに関しては「『出金拒否である』と、間違いやすいパターン」を紹介しましたが、GEMFOREXについてはもっと重要な出来事があるので、そちらについてお伝えします。

 

まず、GEMFOREXでも「業者側に悪意がある出金拒否」が発生した事はありません。

 

ですが、GEMFOREXは「正当な理由で、出金拒否と思われても仕方がない行為をしたことが4回あります」と公言しています。

どういう事なのでしょうか。

 

ユーザー側の悪質なトレードを理由とする出金拒否(3回)

GEMFOREXの運営は「悪質なトレードが行われたので、厳しい対応をいたしました」と述べています。この「厳しい対応」というのが、出金拒否かそれに近いものだったのだと思われます。

 

ちなみに「悪質」とは言わないまでも、GEMFOREX側が「確認すべき事項がある取引・出金要請」などと判断した場合は、出金が遅れるケースがあります。

これもGEMFOREXのみならず、海外FX業者全体にあてはまる傾向です。

 

システムエラーを理由とするもの(1回)

システムエラーが発生し、GEMFOREX側の判断で「出金拒否に近い対応」を行ったことが1回だけあります。

これについて運営は「弊社にも責任があるため、本人と交渉し、円満解決にたどり着きました」と公言しています。

あくまで「運営とトレーダーの両方に責任がある」と受け取れる表現を使っているのがポイントですね。

詳細は分かりませんが、「投資者サイドがエラーを活かして利益を出した」という部分もあったのではないかと予想して良いのではないでしょうか。

※ただし、全ての国内FX業者・海外業者に言えることですが「悪意を持ってシステムエラーを使って不正に利益を出す」と出金拒否をされてもおかしくありません。

 

出金拒否(疑惑)がある海外FX業者を3

海外FX業者であっても、GEMFOREXXMなどの信頼性の高いブローカーであれば、出金拒否の心配をする事なくFX取引をすることができます。

 

ですが、出金拒否をしたことがある、もしくはその疑惑がある海外FX業者も存在しないわけではありません。

具体的な業者を3つ挙げていきますので参考にしてください。

 

アイアンFX

出金拒否関連の口コミがたくさん存在する海外FX業者です。

 

なんと、中国人投資家が「出金拒否に対する抗議」の意味で上海のオフィスを襲撃した事があります。

もちろん暴力に訴えるのは褒められる事ではありませんが、この投資家に対しては次の日に出金が行われたそうです。

 

この騒動があってからは、投資家による抗議デモが盛んに行われるようになりました。

 

インスタフォレックス

こちらも出金拒否に関する口コミがたくさん残っている海外FX業者です。

出金拒否だけでなく、「理由不明のボーナス抹消」「利益没収」「スリッページ」「約定拒否」などの口コミも多く、非常に評判の悪いブローカーであると言えます。

 

ユートレードFX

この海外FX業者も出金拒否関連の口コミが多いブローカーです。

しかも、「金融ライセンスを持っていないのに、持っているとウソをついていた」こともあります。

 

「海外FX業者が金融ライセンスを取得すること」は実は必須ではありませんが、「取得していると虚偽を言う」のは悪質ですよね。

 

また、こちらの業者のサイトはいかにも怪しく、オフィシャルサイトにアクセスしても、登録フォームくらいしか出ません。

無名の海外FX業者の中には、このような「ほぼ詐欺サイト」と表現すべきところが少なくないので利用しないのが無難です。

 

GEMFOREXやXMをはじめとする信用性の高い海外FX業者を使いましょう。

わざわざハイリスクなブローカーを利用する理由がありません。

 

今すぐ口座開設ボーナス2万円をもらう。ゲムフォレックス口座開設へ